おいしいごはんがささやかだけど、大きな幸せ。


by enty_bread
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:その他( 7 )

e0167597_01110044.jpg
こんにちは。
いつもブログに遊びに来て下さってありがとうございます。
さて、大阪市内にて、
大津から先生に来て頂いて、開運についてのお話の講演会をして頂けることになりました。
先生はお坊さまでもいらっしゃいます。

生活のエッセンスに取り入れて頂いたり、聞いてみて頂くのもちょっと面白いのではないかと思います。
また、いましんどいなあと思われている。。そんな方にも何かヒントになれば幸いです。

10月2日日曜日の午後1時30分から2時間となります。
ご興味のある方は詳細ご案内致しますので、
nao_na_50026@yahoo.co.jp
までご一報下さい。
なお、壺買うとか、勧誘などは全くありませんのでご安心下さいね。





[PR]
by enty_bread | 2016-09-11 20:24 | その他

新年

新年 明けましておめでとうございます。

スローでマイペースのブログに遊びに来て頂いて
ありがとうございます。

今年は、昨年行ったパン屋さんを
少しずつUPしていければと思います。

今年もどうぞよろしくお願い致します。
 
[PR]
by enty_bread | 2012-01-03 02:15 | その他

豊かさとは

被災地の方々に心よりお見舞い申し上げます。


地震後、
三日目位からテレビをつらくてつけられなくなった。

新聞と、会社でお昼休みのテレビと、
最小限の情報だけは得るけれど。
そして できる範囲の募金だけはしたけれど。

パソコンさえも見られなくて。
心が痛むことから現実逃避してしまいそう。


そんな時に、ある催しで アラスカフォトライブに参加した。

e0167597_028550.jpg


写真家の松本紀生さんが、最も近い村でも100kmも離れた氷河の上で
たった一人で約1カ月暮らし、撮影した写真の上映。
彼は、 5日かけて自分が住むためのかまくらを作り、
一晩中起きてオーロラを待つ。
1か月のうち晴天なのは5日ほど。あとはとてつもない嵐と
外気マイナス50度のなか暖房もない。
そんな過酷な状況に備え、体を鍛え、準備を整える松本さんは、
何を成し遂げたか、よりも、どう取り組んだかが大切と思う、と言う。

昨年もこのライブを見たのだけれど、
今年はこの時期だけにか、美しい写真以外に、
松本さんの生き方に感動した。

人間にはたくましい力がある。と。


そして今日も。とあるところで前に進む気持ちをもらった。


テレビで見た東北のあるお母さんは、泣いてなんかいられない、と
周りをはげまし、頑張っていた。



本当に大事なものは。


消えた町を見て心が震えた。


モノは儚い。

たくさんのモノがあることが豊かさではないはず。
最小限の、自分が心地よいものがあればよい。

今の日本は薄利多売で、大量販売生産物があふれてる。
私たちはそろそろ見直す時期にきているのではないか。
次々と買っては捨てるような生活を。

安くはなくても、長く大事に使えるものを、大切に使っていければいい。
例えば、ひと昔前の日本の伝統工芸の品のように。



原点回帰。


そして、それはまず、自分から。
[PR]
by enty_bread | 2011-03-17 00:25 | その他

ぬりかべが出た!

e0167597_2353751.jpg


阪神電車福島駅に、突如出没した、でっかーいぬりかべ。
思わず引き寄せられました。


表情が可愛い^^


ゲゲゲの鬼太郎の、スタンプ&クイズラリーらしいです。


引用させてもらっちゃいます。
http://animation.blog.ocn.ne.jp/anime/2010/07/post_1855.html
ぬりかべさんの大きさがわかります。

 
 
[PR]
by enty_Bread | 2010-09-19 23:57 | その他

2か月

約2カ月の間、ブログをおきっぱなしにしてしまっていました。

その間、ブログを見てくださった方、ありがとうございます、
そしてごめんなさい。

この2年間で2回目となる引っ越し  をしていました。




それらを経て


手放さなくてはならなかったもの。
どうしても手放せなかったもの。
そして
 どうしても手放したくなかったのに、そうせざるを得なかったもの。



えいやっと、手放したものは
新しい形で、私の手元にやってきてくれました。

e0167597_0543478.jpg




どうしても手放せなくて・・・そして、持ってこれたもの。
きっと縁があったのでしょうね。
幸運にも一緒にきてくれました。
e0167597_055444.jpg




そして。
 どうしても手放したくなかったのに、でもどうしても持って来れらなかったもの。
1回目の引っ越しの際に、置いてこざるをえなかったそれに、
私は知らずのうちに執着していたみたい、あきらめたつもりでいたけれど。

「あれはここにはどうせ置けなかったし、大きすぎて。」
「私にはサイズも大きかったしね。」
そう思っていたつもりで、でもやはり
たちきれていなかったのでしょう。

そうするとやっぱり新しくは見つからない。
あれを超えるものが自分の中でないのだから。



ようやく、その言い訳を、心が承知してくれてきたみたい。




そうなると次が出てくるのは不思議。




何はともあれ、今度の場所は、狭いながらも
心地よいところとなりそうです。




余談ですが。
部屋へ入れたもの、すべて、数センチの余裕も許さず、でもぴったりと
ちゃんと置けたのです。
この部屋にも、縁があったんだろうな。
 
[PR]
by enty_bread | 2009-12-03 00:57 | その他

お誕生日

旅から1か月たってもまだUP途中ですがひとまず中断(終わるのか?)

先日、お誕生日を迎えました。

e0167597_2219197.jpg
職場の長から、誕生日1日前に
(誕生日が土曜だったため)頂きました。
誕生日だとはなんとなくわかっていたものの、
ひとつ年を重ねることを
実感した瞬間でした^^;

薔薇紅茶、ジャスミンティー、
鉄観音(だったかな)のゼリー
杏仁豆腐のようなパンナコッタのようなん。

実は、頂いた日に、職場で送別会があり、持ち歩くこと数時間。
家に帰ったときには、ゼリーのはずがジュース状態に??
冷蔵庫に入れ、保冷剤も箱にがんがんのせ、急冷し、
翌日、復活!?

無事、おいしく頂きました。



e0167597_22315761.jpge0167597_22325649.jpg

プリンの達人、YUKIさんのお宅に招いて頂いてホームパーティ。
そして、誕生日に気づいて下さっていて、
サプライズプレゼントを頂きました。
ゆず茶、好きです。これからの季節にぴったりです。
お心遣い、うれしく頂きますね。


e0167597_22331523.jpg

パンも頂きました。
確か、奈良のK's Weckのパン。(YUKIさん合ってますか?)
雑穀が入っている色のついた私が好きそうなパン。
ありがとうございます。

ロールケーキは、BROTHERSのえびすロール。
しっとりした生地に、たっぷりのクリーム。
和三盆が使われているので、濃厚に感じます。
暑い時には涼しい時に食べたいと思いましたが、今回はおいしかったです。

手前のお皿に入ったのは、
平日は予約受け渡しのみ、土日しか店頭販売していない、
芦屋のオルテンシアのもの。
いちじくのブラマンジェをわけて下さいました。
イチジクのさわやかで控え目な酸味、
柔らかな甘みのブラマンジェが一体となった上品な一品でした。
貴重なものをありがとう。


e0167597_22515529.jpg
e0167597_22523087.jpg

おうちでお祝いは、近くで購入。
アルザスのイチジクとモモのケーキ。
お店の人が「ろうそく長いのと短いのどちらにしますか?」聞いて下さったので
長いのでとお願いしましたが、
こんなにびょーーんと長いとは思いませんでした(^^)



また、思いがけずお祝いメールを頂いたり。

嬉しかったです。


この場をお借りしてお礼を言わせて頂きます。

ありがとう(^^)
[PR]
by enty_bread | 2009-09-01 22:56 | その他
小豆島在住の池田フィリスさんとヨシハル夫妻のお話を、縁あって
あるアトリエで聞かせて頂きました。

アメリカ生まれ、イタリア系北欧人のフィリスさんはおっしゃいます。
アメリカの四季は、春夏秋冬。
でも日本には 12、ある、と。

1月にはお正月、2月は節分に梅、3月は桃、節句・・・
素晴らしい環境の中に私たちはいるのですね。
あらためて、日本の四季を楽しんでゆきたいと感じました。


ご夫妻は、畑で野菜などを作られ、自然とふれあった生活をしておられます。
おうちが全焼した経験をもつフィリスさんは、モノ、が大事なわけではないと言います。
あれもこれもほしくなる、でも、いらないものは買わない。
服も、友人がはかなくなったものを使ったり、リサイクルで購入されたり。

お肉を作ることは、とてもエネルギーのいることだからお肉は食べない、
でも、私は食べ物中毒(食べることが好き)、と明るくおっしゃるフィリスさんは
とても魅力的な方。
(私も、食べ物中毒だわ・・・)

いろいろ大変なご経験もされて、
でも、それがあったからこそ、こうして、自然についても考えることができる。
失敗やつらいことがあったから学ぶことができた。
そして、そこから、力や幸せが生まれてくる、
という言葉たちは、 彼女の生き方から 、 だから、胸に響く。

そんな言葉を”知って”はいても、”解る”こととは別。
彼女を通して、ストン と私の中におさまりました。


一方、ヨシハルさんは、鍼灸師。
NAETという、新しいアレルギー治療を行っておられます。

私も診て頂いたところ、なんと
ビタミンC、塩、砂糖にアレルギーがあるとのこと。
人間に基本的なものばかりやし!
今回はビタミンCのアレルギーをのぞく治療を受けさせて頂きました。
塩と砂糖・・・課題が出来ました。
 
 
[PR]
by enty_bread | 2009-03-25 01:09 | その他