おいしいごはんがささやかだけど、大きな幸せ。


by enty_bread
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ameen's oven

e0167597_23251234.jpg

柔らかな力強さ、いや、素朴さ?

大地からそのまま生えたかのような自然を感じ、
その恵み、を頂くことにありがとうと思う。

ヴィーガンクロワッサン。(左)
 バターではなくオリーブオイルで作られたパン。
 しっかりとしたかみごたえ。
百花蜜のパン。
 はちみつの味がほんのりと。
 2日目になると、パン生地のつやが増して、
 味わいがしっかりしてきました。

 
e0167597_23312637.jpg



祝福。

柔らかな日差しの中で。





ヴィーガンクロワッサンの中はこんな感じ。(左)


e0167597_23354044.jpg


実は
お気に入りの席があるのだけど。

今日はいつもと違う席に座って。


e0167597_23362816.jpg

トマトのガスパチョは、にんにくが入ってる?
ピクルスは名脇役。
パンたちは、オリーブオイルと、
まるみのある岩塩で。




e0167597_23382588.jpg



ありがとう。


また来るね。
 
[PR]
by enty_bread | 2009-07-21 23:43 | パン ameen's oven

ameen'S oven

e0167597_1171563.jpg

 
   影ものびてきた昼下がり。
   パンたちも語らうひととき。
 
 
   ないしょ話?
 
 
[PR]
by enty_bread | 2009-07-14 01:20 | パン ameen's oven
池田市にある石橋商店街は、今なお、活気あるところ。
大阪の下町といった雰囲気。

商店街を抜けたところには、小さな赤い橋があります。
そのたもとにある、おっちゃんが黙々と一人でやってる、とりにく専門店。
店先には、炭火コンロが置かれ、私が仕事から帰るときはいつも、
いつもいいにおいが辺りにただよっていました。

ハーブ焼きと書かれた炭火焼の胸肉が私の大のお気に入りでした。
1つ200円(半年前はこの価格でした)
大きな胸肉1枚だけでも200円だと安いのに、
ちゃんと炭火焼。

e0167597_0373671.jpg
パサつきとか全くなくて。
胸肉ってこんなにこんなに
ジューシーでおいしかったんだ、
と感動でした。



何度目かに、おいちゃんに、このとりは国産ですよねと聞いてしまった私。

おいちゃんのプライド魂が燃えたようで。
いつもは寡黙なおいちゃんが語り始めました。

「うちは全部兵庫の国産や。

スーパーなんかは胸肉やと流通ですでに2,3日たっとるけど
うちは朝引きで新鮮なんや。
だから味が違うんや。

   (中略)

(ハーブ焼きが好きだと伝えると)
ハーブは手作りの液に半日(1日だっけ)つけてるんや。
サラダにつこてもおいしいで。」

その他、とりの視察にアメリカ旅行に行った話やら
聞かせてくれました。(スゴイ!そんなんあるのね)

その後、おいちゃんは相変わらずいつも寡黙だったけど
とりにくに対する誰にも負けへん情熱を、その商品に
感じさせてもらいました。

友人が、今度とり1匹買いたいんやけど、と言ったときには
どんな風にしておくか焼きやすいように考えてくれてはったし。
(職場の人にも伝えまくってたので、結構ファンができてました)

照り焼き胸肉もあったけど、
私はやっぱり、ハーブが好き。
石橋には通わなくなってしまったけれど。
また、買いに行きたい。


ちなみに、石橋商店街には、おじいちゃんとおばあちゃんがやってる
(さかなのすりみの)てんぷらやさんもあります。
店頭でいつもおじいちゃんとおばあちゃんが、まな板?にのった
たーくさんのすりみをまるめたり
揚げているのです。
素敵でしょ(^^)
 
[PR]
by enty_bread | 2009-07-14 01:09 | 地域、まちのおいしいもの

和菓子 冨久屋

e0167597_2354276.jpg


色が暗くなってしまったけど。


このお菓子は、伝法の冨久屋さんの。

この一切れ、頂いたときに、おいしかったので、
冨久屋さんの知り合いであるという、
知り合いに買ってきてもらいました。(ヤヤコシイ?)
私「この前の和菓子すっごくおいしかったんですけど、場所わからなくて。」
知り合い「今度、お茶菓子に使うから、その時に買ってきてあげるよ。
      一切れ100円位だったと思うけど。1本で千円位だったかなあ。」
私「たくさん食べたいし1本にしようかな。」

名前は、まだナイ、かも?
「で、この和菓子、なんていう名前なんですか?」
「なんだったっけ。家で作ってはるから、名前がなかったり
適当だったりするみたいなのよね。」 ・・・
 
しかしながら、和菓子は本格派。
山芋はすり鉢ですっている とのこと。
丁寧に作られた”心”を、和菓子に感じる気がするのです。

一本買いしたら。
ででーーん、と、
こんな長いのがやってきました。

e0167597_2347563.jpg


知り合い「長いでしょー。一切れも大きいのよー。」
(はよ言うて~)
下の緑は、抹茶かお茶。
冷凍可。冷凍しても、カチカチにならず、すっと切れます。
山芋効果?


e0167597_05864.jpg
知り合いは、私のと合わせて3本購入、
この包みに入ってやってきました。


母の日は和菓子で。

和菓子屋さんも頑張ってます。
 
 
 
[PR]
by enty_bread | 2009-07-13 00:13 | 地域、まちのおいしいもの