おいしいごはんがささやかだけど、大きな幸せ。


by enty_bread
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チョコ編に続くと書いたものの。。。。

取り皿に盛ったチョコの写真撮り忘れ。
ディスプレイチョコの写真も少なくて。
かなり浮足だってたんですね^^;。反省です。

今回、座席によってチョコを取りに行く順番が決められたのですが、
最後の方だったので、あまりないチョコもありました。

特に人気だったのが、
やはりの、ラ・メゾン・デュ・ショコラです。
残りも少なく。。。
4種類あるうちの、フランボワーズ風味のガナッシュを頂きました。

フレッシュなフランボワーズの果実を煮詰めて作られたとのことで、
かなりのコクがあり、しっかりした味でした。
フランボワーズの甘酸っぱさが楽しいです。


e0167597_0271372.jpg
今年はこんなゴディバ。
赤いハート型、
バレンタイン本命チョコに
ぴったりですね。


e0167597_0302572.jpg

エスコヤマ。

チョコかと思ったら・・・
なんとサブレ。
ヘーゼルナッツクリームにサブレ、
カカオチュイールにミルクチョコレートの
4重奏。
意外な一品。


e0167597_035531.jpg

デメル。

正統派チョコの味。

猫の舌をモチーフにしているそう。
薄いチョコも食べやすくて好き。
冷やしてパリっと食べたい、私。



e0167597_0391747.jpg

中村藤吉本店。
抹茶スイーツはとらずにはいられません。
その名も、”濃いめの抹茶チョコレート”。

抹茶がしっかりと口に残ります。


e0167597_17833.jpg

九州焼酎菓蔵。
苺のおまおうを焼酎に
漬け込んだお酒をゼリーに閉じ込めて
生チョコで包んでいます。
ゼリーの弾力感と
お酒の甘酸っぱさがおもしろいですね。
お酒はそんなにきつくなかったようです。

奥は、ジュバンセルの抹茶トリュフ。
抹茶色の下にはホワイトチョコレートの
層があり、その下にトリュフ。
三層構造になっていて、
表面には金色の粉が光っています。
風情もあって中身も凝っていて。
もう一度食べたいチョコ。


こんなのもありました。
e0167597_0511056.jpg
グラモウディーズのマカロンに
チョコをコーティングしたもの。


e0167597_0224319.jpg


ル・コルドンブルー×フィガロジャポン
ラム酒に漬けこんだレーズン入りのガナッシュ。
大人の味です。
チョコをたくさん食べた後だったこともあって、
さっぱりながらラム酒レーズンが香りが広がって。。
好きです。


写真ないのですが、
ベルギーの老舗の「ダスカリデス」、気にいっています。
手頃な価格で食べ応えもあるので、今年も自分用に
購入するかも♪

この他にも、 
ほんとにいろんなチョコがあって楽しくて。。
百貨店さんに、カタログが置いてありますので
是非ご覧くださいね。

ありがとうございました。
 
 
[PR]
by enty_bread | 2011-01-28 00:58 | 百貨店
阪急百貨店さん主催、

「バレンタインチョコレートお味見会」

という素晴らしい会に、プリン達人YUKIさんのご厚意で、
ご招待して頂きました。

e0167597_23124568.jpg
e0167597_23141563.jpg


今回は、ホテルインターナショナル阪急にて
開催されました。

e0167597_2315575.jpg

     司会の方が進行役。


e0167597_23181193.jpg

今日は、デモンストレーションもあります。
まん中の方、ラ・メゾン・デュ・ショコラの
クリエイティブディレクターの
ジル・マルシャル氏
と通訳の方(一番左)。

右に立ってらっしゃるのが、
クラブハリエのグランシェフ、山本隆夫氏。


山本隆夫シェフは、
昨年、お菓子のワールドカップとも称される
『ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ(WPTC) 2010』
という世界大会にて、
日本代表のチームキャプテン(チョコレートピース担当)として
参戦し、日本初優勝されたというすごいお方!

その山本シェフのデモンストレーションを目の前で!!

ピエスモンタージュ

e0167597_2326714.jpg
e0167597_23265567.jpg

美術彫刻作品の造形を思わせます。


e0167597_2330373.jpg

完成しました!


e0167597_2331125.jpg
反対側から見ると、こんな感じ。


e0167597_2346755.jpg
山本シェフ、ありがとうございます。

全部食べられるこの作品は、
この完成直後より、またひとつひとつ
はがされていくのでした。





さて、次のデモンストレーションは
ジル・マルシャル氏によるチョコアイス。
黄色いものが見えますが、”カボス”なのです。

e0167597_23471158.jpg
e0167597_23473110.jpg


「チョコをたくさん試食されるので、さわやかな一品を」、との
お心遣いがうれしいです。

e0167597_23365849.jpg
写真の色がうまく出てなくて
申し訳ないんですけど、
本当はもっとつやっとしていて
美しいのです。

上のチョコ色の部分が実は
カボス味のガナッシュなっています。
それをとろりとしたキャラメルアイスに
トッピング!
贅沢です~。


ジル・マルシャル氏は、今回も黒コショウを使っておられたり、
日本食材では山椒を使ったチョコなども考えられたそうで、
その飽くなき探求心が、素晴らしいお菓子を作り出される原動力なのですね。




チョコ編へ続きます。

 
[PR]
by enty_bread | 2011-01-25 23:40 | 百貨店

ポルチーニ 

新年明けましておめでとうございます。
ゆったり更新のこのブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


前回の、パン屋ポルチーニ訪問日記の再訪日記を
書くといいつつ2年越しになってしまいました。

パンの名前がもう、わからへんのですけど^^;
UPしたいと思います。

e0167597_0144263.jpg

連続購入のセーグルフリュイ。
きなこのベーグル。
きなこにたっぷりしっとり
覆われたベーグルです。
そして中には栗とさつまいもが
たっぷり入っているのです。



e0167597_01526100.jpge0167597_015402.jpg

この店、ご自慢という
塩フォカッチャ!
ずっしり重いんですよ。
つやがあるのわかるでしょうか?
すっごいムッチリモッチリしています。
しかも、粉の挽き方だと思うんですけど、
中、白じゃないんですよね。

食べ応えあります。

枝豆のパンは
中も枝豆のきれいな黄緑色。
そして細かく粒状になった大豆とベーコンが入っています。
面白い~。
[PR]
by enty_bread | 2011-01-09 00:17 | パン