おいしいごはんがささやかだけど、大きな幸せ。


by enty_bread
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

豊かさとは

被災地の方々に心よりお見舞い申し上げます。


地震後、
三日目位からテレビをつらくてつけられなくなった。

新聞と、会社でお昼休みのテレビと、
最小限の情報だけは得るけれど。
そして できる範囲の募金だけはしたけれど。

パソコンさえも見られなくて。
心が痛むことから現実逃避してしまいそう。


そんな時に、ある催しで アラスカフォトライブに参加した。

e0167597_028550.jpg


写真家の松本紀生さんが、最も近い村でも100kmも離れた氷河の上で
たった一人で約1カ月暮らし、撮影した写真の上映。
彼は、 5日かけて自分が住むためのかまくらを作り、
一晩中起きてオーロラを待つ。
1か月のうち晴天なのは5日ほど。あとはとてつもない嵐と
外気マイナス50度のなか暖房もない。
そんな過酷な状況に備え、体を鍛え、準備を整える松本さんは、
何を成し遂げたか、よりも、どう取り組んだかが大切と思う、と言う。

昨年もこのライブを見たのだけれど、
今年はこの時期だけにか、美しい写真以外に、
松本さんの生き方に感動した。

人間にはたくましい力がある。と。


そして今日も。とあるところで前に進む気持ちをもらった。


テレビで見た東北のあるお母さんは、泣いてなんかいられない、と
周りをはげまし、頑張っていた。



本当に大事なものは。


消えた町を見て心が震えた。


モノは儚い。

たくさんのモノがあることが豊かさではないはず。
最小限の、自分が心地よいものがあればよい。

今の日本は薄利多売で、大量販売生産物があふれてる。
私たちはそろそろ見直す時期にきているのではないか。
次々と買っては捨てるような生活を。

安くはなくても、長く大事に使えるものを、大切に使っていければいい。
例えば、ひと昔前の日本の伝統工芸の品のように。



原点回帰。


そして、それはまず、自分から。
[PR]
by enty_bread | 2011-03-17 00:25 | その他